地鎮祭

田川市で施工中の、リーベンホームの現場をご紹介いたします。

地鎮祭とは、建物を建てる前に、その土地を守っている氏神様から土地を利用する許可を得ることで
建築工事中の安全などを祈願する儀式です。

お施主様にお願いする儀式の一つ、刈初(左)と鍬入(右)です。
刈初は鎌を使っての儀式で、まず敷地の雑草を刈り取る意味があります。
鍬入は鍬で土を掘り起こし起工の一歩を印す意味があります。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)
玉串に祈りを込めて神様にお供えする儀式です。

式の最後に記念撮影をします。
S様おめでとうございます!!!

リーベンホームでは地鎮祭・上棟式などイベントをお客様と共に行い、家づくりの思い出を一緒に共有しています。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

飯塚市、田川市、直方市の施工実例をご覧になりたい方は、ぜひリーベンホームの事務所まで遊びにいらしてください。住まいづくりの参考になるショールームを併設しておりますので、きっと家づくりの参考になると思います。無垢材や塗壁など自然素材をふんだんに使った、住む人に優しい注文住宅を建てるならリーベンホームにご相談ください。